綺麗な庭園風の墓地!ガーデニング霊園とは

2017年9月28日

お墓を選ぶのに大事なこと

お墓を選ぶには考慮する点がいくつかあります。お墓にかかる費用には、永代使用料・管理料・墓石料などがあり、これらが適当であるかは大事なところです。もちろん宗旨・宗派が利用できるものかどうかも確認しましょう。また、郊外にあることも多い墓地。車で行けるか、また路線バスや送迎バスが通っているかなど、お参りできる立地にあるかどうかも重要です。

そして、墓地が雰囲気が好ましいかどうかも、お墓を購入する上では、大切なことです。雰囲気によっては、足が遠のいてしまうこともあるでしょう。できるだけ、お参りしやすい雰囲気のものを選びたいものです。

ガーデニング霊園の魅力

昔のお墓のイメージといえば、薄暗くてちょっと怖いものでした。しかし最近増えている霊園には、そのイメージを覆すものがあります。それが「ガーデニング霊園」です。

その名のとおり、自然の趣ある庭園風の霊園で、外国の庭のように、花壇には季節の花が植えられています。そして敷地は美しい植栽に囲まれています。なかには噴水がある霊園も。墓地というよりも、公園のような雰囲気を感じられます。

もちろん専門のスタッフが草木の手入れをしているので、自分たちが世話をする必要はありません。また多くの場合、宗旨・宗派を問わず利用することができます。このような霊園であれば、お墓参りも明るい気持ちでできることでしょう。

ガーデニング霊園を選ぶには

ガーデニング霊園は各地にあります。購入する際には、まず実際に見学に行ってみるのがよいでしょう。また雰囲気が良くても、お参りに行けないと困ります。行ける距離にあるかどうかは重要です。車で行くのであれば、駐車場の有無も確認しましょう。

東京の吉祥寺に昭和3年に精肉店として創業を開始したいせやは、今では吉祥寺を代表する焼き鳥店として3店舗を展開し、地元住民を始め多くの人々に人気です。